市制40周年記念
寺井 尚子ニューイヤーコンサート2011
         
  出演:寺井尚子カルテット(寺井尚子・北島直樹・店網邦雄・中沢剛)
 Naoko Terai

2011 1/16(日) 15時開演(14時30分開場)

   入場料 一般:6,000円、友の会:5,500円 <例年よりも特別価格となっております。>
        学生席<客席後方部分>
:3,000円 特別席(車椅子スペース・親子室):3,000円  全指定席

  
※友の会ポイント2倍公演 

   
※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、ホテルクラウンパレス知立

プログラム
  エルチョクロ
  パダンパダン
  Minor Swing
  ショパン・プレリュードNo.4
  リベルタンゴ
  いつかどこかで
  カリベ
 
―休憩―
  ワルツ
  It's Don't Mean A Thing
  オルフェのサンバ
  サムタイム・アゴー〜ラ・フィエスタ
  ひまわり
  Sing Sing Sing
アンコール
  ラストワルツ
プロフィール
 寺井尚子(ヴァイオリン)
 1988年、ジャズ・バイオリニストとしてプロ・デビュー。来日中だったジャズ・ピアニスト、ケニー・バロン氏との共演をきっかけにニューヨークでレコーディング に参加、一躍注目を集める。その後も独自性あふれる表現力ゆたかな演奏スタイルで人気の高いコンサートを中心に、テレビ、ラジオへの出演など、幅広く音 楽活動を展開している。
 2010年3月、「平成21年度 文化庁芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)」受賞。その他にも、「南里文雄賞」(2008年)、「ジャズ・ディ スク大賞“日本ジャズ賞”」(2005年)、「日本ゴールドディスク大賞“ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー”」(2004年)等、受賞歴多数。また、「F1日本 グランプリ」決勝での「君が代」演奏(2003年)、「金鳥の渦巻」8代目キャラクターとしてテレビCM出演(〜2009年、2010年は音楽にて参加)、テレビ のレギュラー番組でのMC(BS-TBS「映画の時間+ 気ままにディレクターズ・カット」オンエア中)など、積極的に活躍の幅を広げている。 最新アル バム『My Song マイ・ソング』(2010年2月リリース)はじめ、年1作のペースで発表しているオリジナル・アルバムは、いずれもジャズのアルバムとし て異例のセールスを記録。繊細な表現力と情熱的な演奏にますます磨きがかかる、日本を代表するジャズ・バイオリニストである。
                              ※寺井尚子さんについて詳しくは、こちら
 北島 直樹(ピアノ)
 青山学院在学中にプロデビュー。松本英彦、日野元彦、本多俊之のグループに参加。阿川泰子のアルバム「ジャーニー」「サングロウ」でアレ ンジを担当したことがきっかけとなり、CM音楽の制作、アレンジやスタジオワーク、和田アキ子、岩崎宏美のツアーやテレビなど、幅広い音楽活動を 精力的に行なう。寺井尚子のアルバム「アンセム」から最新作「ジェラシー」まで、作曲家としても才能を発揮。現在は、寺井尚子カルテットの活動を 中心に活躍中。1955年生まれ。
 店網 邦雄(ベース)
 ジミー竹内(ドラムス)グループで活動後、スタジオ、ライブを中心に活躍。パティペイジ、斎藤和義、田村直美、阿川泰子、ケイコ・リー、マリーン、 綾戸智絵など、ジャンルを超え数多くのステージで演奏活動を行なう。また、原信夫とシャープス&フラッツ、小林ちから(ピアノ)、秋本薫(サックス) などのグループでレコーディングに参加。ジャズ、クラシック、ロック、ラテン、シャンソン、タンゴと幅広く活動している数少ない実力派ベーシスト。
 1955年生まれ。
 中沢 剛(ドラムス)
 高校を卒業後、渡米。ジョー・ポカーロ氏、ジョエル・テイラー氏に師事。帰国後、小柳ゆきのコンサートツアーをはじめ、さまざまなアーティストのス テージに参加。また、劇団四季「マンマミーヤ」他、数多くのステージやミュージカルでバックバンドをつとめるなど、ジャンルを問わず個性豊かなドラミ ングに定評がある。2002年より寺井尚子クインテットに加入。コンサート、レコーディングを中心に活躍中。1974年生まれ。