田村 響ピアノリサイタル   
 Hibiki Tamura

 2007 3/21(水・祝) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 3,000円(一般)、2,500円(学生)
         2,500円(友の会員・特別割引料金) 全自由席
 
    ※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、
        知立セントピアホテル、社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

プログラム
 モーツァルト:ソナタ 第8番 イ短調 K.310
 ベートーヴェン:ソナタ 第8番 ハ短調 作品13 「悲愴」
 −休憩−
 ドビュッシー:前奏曲集第2巻より
  第5番 ヒースの茂る荒れ地
  第6番 変わり者のラヴィーヌ将軍
  第8番 水の精
 ブラームス:ソナタ 第3番 へ短調 作品5
アンコール曲
 ラフマニノフ/ヴォカリーズ
 平井康三郎/さくらさくら幻想曲
プロフィール
田村 響
 1986年愛知県安城市生まれ。3歳よりピアノを始める。
愛知県立明和高等学校音楽科卒業後、現在、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学。これまでに、深谷直
仁、清水皇樹、クラウディオ・ソアレス、クリストフ・リースケの各氏に師事。
 国内では、1993年より数々のコンクールに参加し、ピティナ・ピアノコンペティションC,E,G級にて金賞ほか、2001年全
日本学生音楽コンクール名古屋大会中学校の部第1位など活躍。またドイツ・カールスルーエ国際ピアノアカデミー、イ
ーストマン音楽学校夏季セミナー in 浜松、浜松国際ピアノアカデミー、宮崎国際音楽祭、フランス・ナンシー国際アカデミ
ーなどに参加し、研鑚を積んだ。 2002年、エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞、第26
回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクールにて園田高弘賞第1位を受賞し
た。「田村響デビューアルバム」CDをリリース。 2003年度<アリオン賞>受賞。 第14回大幸財団丹羽奨励生。(財)江副
育英会奨学生。 2006年第16回出光音楽賞受賞。1994年ザルツブルクにてモーツァルテウム演奏会、1997年ワルシャ
ワの室内オーケストラと共演をはじめ、ブラジルでのリサイタルやクラウディオ・クルス指揮・リベイランプレートオーケスト
ラとの共演、オランダ・ユトレヒトのリストフェスティヴァル、パリ・コルトーホールでのアニマート・フェスティバルや、国内各
地でのリサイタルに出演、「サントリーホール17周年記念〜ガラ・コンサート」、「園田高弘が推薦する"旬のピアニスト"シ
リーズ」、〈東京の夏〉音楽祭「アリオン賞受賞記念演奏会」、大阪国際フェスティバル・オペラ物語「ブリリアント・モーツァ
ルト」等に登場した。
 これまでに、曽我大介指揮・大阪シンフォニカー、本名徹次指揮・日本フィルハーモニー交響楽団、松沼俊彦指揮・大
阪シンフォニカーおよび東京交響楽団、ユベール・スダーン指揮・東京交響楽団、西本智実指揮・東京交響楽団、三石精
一指揮・東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団、小林研一郎指揮・名古屋フィルハーモニー交響楽団、広上淳一
指揮・関西フィルハーモニー管弦楽団、岩城宏之指揮・オーケストラ・アンサンブル金沢(二公演)、井上道義指揮・神奈
川フィルハーモニー交響楽団及び大阪フィルハーモニー交響楽団等と共演。
 最近では、NHK−FM「名曲リサイタル」、第25回横浜市招待国際ピアノ演奏会に出演。今後は、第16回出光音楽賞受
賞記念ガラコンサート、横浜みなとみらいジルヴェスターコンサート2006−2007、小泉和裕指揮&神奈川フィル、尾高忠明
指揮&東京フィルとの共演。3月23日第6回新日鉄プレゼンツ紀尾井ニュー・アーティスト・シリーズへの出演、などが予定
されている。
 リリオ・コンサートホールでは、2003年以来、計4回リサイタル出演し、いずれも好評を博した。