リリオ・クラシックシリーズ2009
高木 綾子フルートリサイタル

 Ayako Takagii
2009 12/6(日) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 《友の会》S席:4,000円、A席:3,500円 《一般》S席:4,500円、A席:4,000円
         学生席
(A席部分):2,500円 特別席(車椅子スペース・親子室):2,500円  全指定席 
   
   
※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、ホテルクラウンパレス知立

     
プログラム
 ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
 パガニーニ:シャコンヌ
 ジョリヴェ:リノスの歌
 −休憩−
 ドンジョン:サロン・エチュード
 ショッカー:リグレッツ・アンド・レゾリューションズ
 ライネッケ:フルート・ソナタ「ウンディーネ」Op.167
 
アンコール
 ドビュッシー:シリンクス
 村松崇継:EARTH
プロフィール
 高木 綾子(フルート)
 高木綾子は、確かなテクニックと、個性溢れる音色、ジャンルを超えた音楽性で、今最も注目を集める新進気鋭の実力派フルート奏者である。
 2000年にはCDデビューも果たし、テレビ・ラジオへの出演やCM出演など従来のクラシック演奏家の枠にとらわれない幅広い活動とレパートリーで
各方面から注目を集めている。  
 愛知県豊田市生まれ。3歳よりピアノ、8歳よりフルートを始める。東京芸術大学付属高校、東京芸術大学を経て、同大学院修了。これまでにフルー
トを西村智江、橋本量至、G.ノアック、小坂哲也、村上成美、金昌国、P.マイゼンの各氏に、室内楽を岡崎耕治氏に師事。  
 高校、大学在学中よりその実力は高く評価されており、毎日新聞社主催全日本学生音楽コンクール東京大会第1位(1995年)、神戸国際フルートコ
ンクール奨励賞(1997年)、大学内にてNTT Docomo奨学金を受け、安宅賞(1997年)、宝塚べガコンクール優勝(1999年)、日本フルートコンベンション
コンクール優勝、併せてオーディエンス賞(1999年)、第17回日本管打楽器コンクール、フルート部門第1位及び特別賞(2000年)、第70回日本音楽コ
ンクールフルート部門第1位(2001年)、第12回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞(2001年) 、ジャン=ピエール・ランパル国際フルートコンクール第
3位(2005年)、神戸国際フルートコンクール第3位(2005年)など多数の受賞歴を誇る。  
 一方で、大学在学中より本格的な演奏活動を開始。これまでに国内主要オーケストラとの共演はもとより、新イタリア合奏団、シュトゥットガルト室
内管弦楽団、ミラノ弦楽合奏団、サンクトペテルブルク交響楽団の日本ツアーのソリストとして同行、2004年秋にはパリ室内管弦楽団との共演でパ
リ・デビュー、続く日本ツアーにも同行し好評を博した。さらに各地でのリサイタルや室内楽の演奏会にも出演している。  
 CD録音も活発に行っており、2000年3月には「シシリエンヌ〜フルート名曲集」、「卒業写真〜プレイズ・ユーミン・オン・フルート」を同時リリースして
CDデビュー。その後、「ジェントル・ドリームズ〜20世紀のフルート音楽」、「青春の輝き〜プレイズ・カーペンターズ」を同時リリース、クラシックからボ
サノバまでラテンアメリカの作品を集めた「南の想い」、17世紀から現代までのフルート・ソロ曲を集めた「エール・ブルー〜青の余白」、イタリアで収録
した新イタリア合奏団との共演による初めての協奏曲アルバム「イタリア」大地、自然、生命の息吹をテーマにしたフルート名曲集「EARTH」、ギター
の福田進一とのデュオアルバム「海へ」をリリースしてそのすべてが高い評価とセールス実績を残している。  
 現在東京藝術大学、武蔵野音楽大学の非常勤講師として後進の指導にも当たっている。


 坂野 伊都子(ピアノ)
 京都府出身。国立音楽大学ピアノ科を首席で卒業、武岡賞受賞。NTTドコモ奨学生に選ばれる。 桃華楽堂新人演奏会にて御前演奏を行う。 桐朋
学園大学ソリストディプロマコースにて研鑽を積む。 第69回日本音楽コンクール第2位、第7回「Trio di Trieste」国際室内楽コンクール(イタリア)デュ
オ最高位受賞等、数々の国内外のコンクールで受賞。 また、室内楽、伴奏でも活動を広げ、NHK-FM、宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等、
様々な室内楽プロジェクトにも積極的に参加。 現在は国立音楽大学附属高等学校にて後進の指導にもあたる 。