リリオ・クラシックシリーズ2008
錦織 健テノールリサイタル
         ピアノ:河原 忠之
 Ken Nishikiori

 2008 5/25(日) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 S席:6,500円(一般)、6,000円(友の会)
         A席:6,000円(一般)、5,500円(友の会)
        学生席
(A席部分):3,000円
        特別席
(車椅子スペース・親子室):3,000円  全指定席
 
    ※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、
        知立セントピアホテル

プログラム
日本古謡/さくらさくら
スッペ/恋はやさし野辺の花よ
山田耕筰/この道、砂山、松島音頭、からたちの花
小林秀雄/落葉松
滝廉太郎/秋の月、荒城の月
寺島尚彦/さとうきび畑
さだまさし/奇跡〜大きな愛のように〜
〜休憩〜
プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”
ドニゼッティ/「ドン=パスクァーレ」より”何というやさしさ”
ロッシーニ/「セビリアの理髪師」より”空はほほえみ”
ロッシーニ/「セビリアの理髪師」より”私の名を知りたければ”
プッチーニ/歌劇「トゥーランドット」より“誰も寝てはならぬ”
チレア/「アルルの女」より”フェデリーコの嘆き”
サルトリ&クァラントット/タイム・トゥ・セイ・グッバイ
クルティス/忘れな草
ララ/グラナダ
アンコール
カプア/オー・ソレ・ミオ
クイーン/伝説のチャンピオン
プロフィール
錦織 健(テノール)
 国立音楽大学卒業。文化庁オペラ研修所第5期修了。文化庁在外研修員としてミラノに、 また、五島記念文化財団の留学生としてウィーンに留学。
 第17回ジロー・オペラ賞新人賞、第4回グローバル東敦子賞、第1回五島記念文化賞新人賞、第6回モービル音楽賞洋楽部門奨励賞受賞。
 1986年「メリー・ウィドウ」カミーユ役でデビュー、以後、「こうもり」アルフレード、「魔笛」タミーノ、「セヴィリアの理髪師」アルマヴィーヴァ伯爵、「アルバート・ヘリング」アルバート、「スペインの時」ゴンサルヴェ、 「リゴレット」マントヴァ侯爵、「イドメネオ」イダマンテ、「コシ・ファン・トゥッテ」フェランド、「ドン・ジョヴァンニ」ドン・オッターヴィオ、「椿姫」アルフレード、「ファウスト」ファウスト、「蝶々夫人」ピンカートン、 「学生王子」カール・フランツ役等の他、三木稔作曲「ワカヒメ」「静と義経」や、三枝成彰作曲「千の記憶の物語」「忠臣蔵」といった邦人作品にも意欲的に出演し、いずれも好評を博している。
 また、ベートーヴェン「ミサ・ソレムニス」「交響曲第9番」、ヘンデル「メサイア」等のソリストとして高く評価を受け、親しみやすいトークを交えたリサイタルでも、多くのファンを魅了している。この他、2000年、03年のNHK紅白 歌合戦などテレビやラジオ番組への出演や、2002年、04年、06年に続けて、2009年2-4月にはオペラ・プロデュース第4弾ドニゼッティ作曲「愛の妙薬」を手がける予定などその活動はとどまるところを知らない。
CDは、ポニー・キャニオンより「恋はやさし野辺の花よ」「初恋」「恋人を慰めて」「すみれ」「砂山」「秋の月」等が発売されている。 二期会会員。

錦織健さんについて詳しくは、こちら
河原 忠之(ピアノ)

 国立音楽大学卒業。国立音楽大学大学院修了。そのまま同大学院オペラ科ピアニストを1991年まで務める。同年イタリア留学。故アルド・プロッティ氏のもと、 ヴェルチェッリ音楽院において、オペラ伴奏ピアニストとして務める傍ら、数々の演奏会に出演する。又往年のソプラノ、マリア・カルボーネ女史のもとでは伝統的なイ タリアオペラの音楽表現だけにとどまらず、発声法、ディレクションなどの幅広い指導を受けた。92年帰国後、藤原歌劇団のコレペティトゥールとして数多くのオペラに 参加。又、サイトウキネン・フェスティバルの公演ではチェンバロ奏者として参加。指揮者の小澤征爾氏より絶大な信頼を得ている。また、年間100回を超えるリサイタル などのピアニストとして、若手からベテランまで著名な歌手から絶大な信頼を得ている。94年「ピーターパン」「ザ・リング」で、ミュージカルの音楽スタッフとして参加。 ジャンルの壁を取り払い幅広い活動を展開するようになる。
 近年では、森公美子、錦織健の専属ピアニストとしての活動がめざましく、華麗な演奏で観客を魅了している。現在、東京芸術大学大学院及び国立音楽大学・大学院非常勤講師。