中島 啓江の音楽会         ピアノ:奥山 勝
 Keiko Nakajima
  
 11/10(土) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 5,500円(一般)、5,000円(友の会員)3,000円(学生)
         全指定席

    ※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、
        知立セントピアホテル

プログラム
<第1部>
 夢で逢いましょう
 伝えたい
 夕焼け小焼け
 母さんの歌
 ふるさと
 この街で
 童神
 花〜すべての人の心に花を〜
 涙そうそう
 千の風になって
−休憩−
<第2部>
 アヴェ・マリア
 オペラ「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』
 オー・ソーレ・ミーオ
 星に願いを
 トゥナイト
 アメイジング・グレイス
アンコール曲
 生きるものの歌
プロフィール
中島 啓江(歌手)

鹿児島県出身。昭和音楽短期大学声楽科卒業。専攻科卒業。ディプロマ・オペラコース修了。藤原歌劇団出身。春平紀美、
故砂原美智子、マルチェラ・ゴヴォーニ各女史らに師事。
 1986年には、初のソロコンサート「天高くオペラ肥ゆる秋」を青山円形劇場にて行う。その後、宮本亜門演出の「I GOT  MERMAN」、NHK「音楽夢コレクション」・TBS「平成名物TV・イカすバンド天国」等に出演。作品には、「生きるものの歌」・「夢で逢いましょう〜博品館ライブCD」・フルオーケストラをバックにオペラポップスを歌った初の本格的CD
「MyFavorite Songs」を発売。2001年にはザ・ビートルズのフルカバーCD「Good Night」を発表。著書には、「今日も元気だオペラが見たい」、「じゃあね」、「いつも心にありがとう」等がある。また、ミュージカルでも幅広く活躍中。2001年6月にはブロードウェイミュージカル「CANDIDE」、8月に新宿コマ劇場にて「西遊記〜GOCOO」。2002年8月に大阪梅田コマ劇場にて「西遊記〜GOCOO」再演。10月には、こちらも再演となる「I GOT MERMAN」に出演。2003年10月には新宿シアターアプル他にて1982年度のトニー賞ベストミュージカル賞にノミネートされ、ロンドンで大ヒットを飾り、その後もブロードウェイで上演されロングランを果たした「Blues In The Night」に主演。テレビではNHK教育にて2003年4月〜2005年3月「夢りんりん丸」にキャラクター『ビッグママ』としてレギュラー出演し、子供を対象に歌・踊り・朗読と楽しいパフォーマンスで中島の新しい一面を覗かせた。また、2004年には日本クラウンより新作アルバム「ソング・オブ・ジ・アース」が発売された。2005年5月に、キューバ最大の音楽祭「クバ・ディスコ2005」に名誉招待者として招かれ、現地のオーケストラと共演した。昨年8月10日、『伝えたい』シリーズの第一弾となる新作ミニアルバム「千の風になって」を発売。10月31日には、自身の体験を原案にした絵本「わたしからありがとう」を発刊した。銀座博品館劇場で毎年行っているソロコンサート「夢で逢いましょう」は本年で14回目を迎えた。本年7月31日に『伝えたい』シリーズ第2弾ミニアルバム「この街で」を発売した。また、毎年1月17日に行っている、阪神・淡路大震災の追悼無料コンサートは、自身のライフワークとなっている。


※中島啓江さんについて詳しくは、こちら
奥山 勝(ピアノ)

 5歳よりピアノを始め、91年よりプロとしての演奏活動を開始。
 YOSHIRO&東京サルサボール(SalsaBand)に参加、過去3回にわたりUSAツアーを行い、ニューヨーク、ロスアンゼルス、ワシントンDC、サンフランシスコ、ラスベガスのサルサクラブに出演。
 97年から99年まで「ブエナビスタソシアルクラブ」の女性歌手、オマーラ・ポルトゥオンドの日本公演のメンバーを務める。
 98
年にはキューバの音楽祭「キューバ・ボレロ・フェスティバル」に出演。
 99年から02年まで寺井尚子(Vn)グループに参加。
 その他、CMゲーム音楽の作・編曲、様々なセッションへの参加など、ジャンルを問わず幅広い活動を行っている。
 現在、自身のトリオ「Triangulo(トリアングロ)を中心に、赤木りえ(Fl)、五十嵐はるみ(Vo)EKremix(MixtureBand)、大隈寿男(Ds)、カルロス菅野(Per)、グルーポ・チェベレ(SalsaBand)、堤智恵子(Sax)、中島啓江(声楽)、中西俊博(Vo)、前田優子(Vo)、やまもときょうこ(Vo)等のグループで活動。