リリオ・クラシックシリーズ2012
村冶 佳織&川久保 賜紀 ギター&ヴァイオリンデュオコンサート
 Kaori Muraji & Tamaki Kawakubo

2013.1/6(日) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 一般:6,500円、友の会:6,000円
         学生・特別席(車椅子スペース・親子室):3,000円 
全指定席

   
※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、㈱キャッチネットワーク、ホテルクラウンパレス知立
    協賛 ホテルクラウンパレス知立、ヤマハサウンドシステム㈱、パナソニックESエンジニアリング㈱、㈱丸山塗装店、
        ㈱エスケイエム、㈱音楽堂、㈱名古屋ピアノ調律センター、共和建設工業㈱、(有)ライフ総合保険事務所、
        ㈱エムアイシーグループ、綜合警備保障㈱、(有)P&P碧南

プログラム
 モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 K.423
 パガニーニ:協奏的ソナタ イ長調 Op.61 MS2
 バルトーク:ルーマニア民俗舞曲
 ~休憩~
 ファリャ:7つのスペイン民謡集より
 ピアソラ:タンゴの歴史 
アンコール
 パガニーニ:カンタービレ
プロフィール
村冶 佳織(ギター)

 東京都生まれ。ギターを3才より父の手ほどきを受け、10才より福田進一氏に師事。幼少の頃より数々の国際コンクールで優勝を果たし、15歳でビクターエンタテインメント株式会社よりCDデ ビューを飾る。高校卒業後パリのエコール・ノルマルに留学、アルベルト・ポンセ教授に師事。帰国後、積極的なソロ活動を展開。ビクターエンタテインメント からのCDリリースは「カヴァティーナ」など8タイトル及びDVD「コントラステス」をリリース。その後N響ほか国内主要オーケストラ及び欧州のオーケス トラとの共演も多数重ね、03年英国の名門クラシックレーベルDECCAと日本人としては初の長期専属契約を結ぶ。移籍第1弾アルバム「トランスフォーメーション」は第19回日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー<洋楽>を受賞。これまでにDECCAよりCD7枚、DVD2枚をリリース。99年、伊藤園・充実野菜、02~04年、トヨタ自動車・アリオンのテレビCMに出演。07年にはミキモトのイメージキャラクターとして起用されるなど、メディアへの登場も多い。J-WAVE(FM)「三菱地所 CLASSY CAFÉ」マンスリー・ナビゲーターを務めるほか、雑誌でのエッセイ連載や、新聞へ書評を寄稿するなど、幅広い分野で活躍している。08年、第9回ホテルオークラ音楽賞を受賞。09年10月には「ポートレイツ」をリリース。10年9月には「ソレイユ/ポートレイツ2」、11年10月にはDECCA盤8枚目となる「プレリュード」をリリースし、話題を呼んでいる。
OFFICIAL HP http://www.officemuraji.com  
                                 ※村冶 佳織さんについて詳しくは、こちら

川久保 賜紀(ヴァイオリン)

 2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位入賞(1位なしの2位)。同時に、ロシア作曲家協会による「現代音楽の優れた演奏に対する特別賞」受賞。2001年サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。2004年、出光音楽賞を受賞。
  5歳の時にヴァイオリンを始める。R.リプセット、D.ディレイ、川崎雅夫、Z.ブロンの各氏に師事。ロサンジェルス・フィル、デトロイト響、ヒューストン響、シンシナティ響、ボルティモア響、サンフランシスコ響、クリーヴランド管など主要な北米オーケストラと共演し、幼少時より豊富なステージ経験を積む。ラヴィニア音楽祭では芸術監督のエッシェンバッハと共演。更にファビオ・ルイジ指揮ライプツィヒ放響、サンクトペテルブルグ響ほか、リトアニア、ドイツ、スウェーデンなど、ヨーロッパにも活躍の場を広げる。日本へは97年、チョン・ミョンフン指揮アジア・フィルのソリストとして初来日。同年、ニューヨークのモーストリー・モーツァルト・フェスティバル・オーケストラとのツアーで再来日し、その年の演奏活動に対して、リンカーンセンターより、エヴリー・フィッシャー賞を受賞。以後、日本の主要オーケストラと共演を重ねる他、インバル指揮ベルリン響、K.ヤルヴィ指揮ウィーン・トーンキュンストラー管、フェドセーエフ指揮モスクワ放響、プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管などの日本公演のソリストに迎えられ、高度な技術と作品の品位を尊ぶ深い音楽性に高い評価を得ている。CDはエイベックス・クラシックスよりリリースされており、「リサイタル!」は『レコード芸術』の特選盤に選ばれるなど各紙で紹介された。最新CD「ライブ・イン・ワシントン」をリリース。室内楽にも積極的に取り組み、ヴィヴァルディ「四季」や遠藤真理、三浦友理枝とのトリオ「RAVEL」においてもCDがリリースされ、反響をよんでいる。ベルリン在住。
川久保賜紀オフィシャル・ウェブ・サイト http://www.tamaki-kawakubo.com/
※川久保 賜紀さんについて詳しくは、こちら