熊本マリ ピアノリサイタル   
 Mari Kumamoto
 2007 2/17(土) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 4,000円(一般)、3,000円(友の会員・特別割引料金) 全自由席
 
    ※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、
        知立セントピアホテル

プログラム
 ショパン/ノクターン 第20番 嬰ハ短調 「遺作」
      / ノクターン 第2番 変ホ長調 Op.9-2
 リスト/愛の夢 第3番 変イ長調
 シューマン(リスト編曲)/献呈 Op.25-1
 ガーシュウィン/ラヴ ウォークド イン
 奥村 一/おどり
  −休憩−
 アルベニス/タンゴ
        /グラナダ
        /セビリャ
 モンポウ/歌と踊り 第6番
 ロドリーゴ/愛のアランフェスより
 グラナドス/スペイン舞曲集 Op.36 より アンダルーサ、オリエンタル
 ラレグラ/ビバ・ナバラ         
アンコール曲
 アリアーガ/ロマンス
 グールド/ブギウギエチュード
プロフィール
熊本 マリ
 東京に生まれる。5歳からピアノに親しみ、10歳で家族と共にスペインへ移り住む。
 75年スペイン王立マドリード音楽院でホキアン・ソリアノ氏に師事。スペイン青少年音楽コンクール優勝。82年に奨学金
を受けてジュリアード音楽院に入学し、サーシャ・ゴロニツキー氏に師事。85年から英国王立音楽院にてC.エルトン氏に
師事。また、プライベートではアンジー・エステルハージー氏に師事。英国ニューポート国際音楽コンクールに入賞。故ダ
イアナ妃より授与される。86年同音楽院卒業後、最年少でRecital-Diplomaを授与され、帰国。
 91年スペインの作曲家フェデリコ・モンポウ(1893〜1987)のピアノ曲全集の録音を完成(世界初)。
 93年、モンポウの伝記「ひそやかな音楽」を翻訳。同年、英国王立音楽院よりめざましい演奏活動に功績のあった卒業
生にのみ与えられる資格ARAMを贈られる。94年プラハでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とジルベスターコンサートで
共演。96年スペインでのジャパン・ウィークでリサイタルを開く。98年プラハでリサイタル開催、及びヨセフ・スーク&スーク
室内オーケストラと共演。
 95年より毎年秋にローム・リリック・セレクションとして全国ツアーを重ねる。また、各地で行われるトーク・コンサートは特
に好評を博している。2000年4月よりNHK教育テレビ「芸術劇場」の「BSクラシック ピックアップ」の司会を務める。エッセ
イ集はショパンより「薔薇よ、語って」「音よ、輝け」に加え、2004年10月に「ラ・ピアニスタ〜太陽の門から」が発売された。
CDはキングレコードより多数リリースされており、2005年11月には新譜としてショパンのノクターン集「マジョルカ島の恋」
を発売。2006年、新しいCD発売に向けてレコーディングを行う。
 その他、テレビ・ラジオへの出演、執筆活動など多才な活躍で幅広いファンを獲得している。
 熊本マリホームページ URL: http://www.marikumamoto.com
※熊本マリさんについて詳しくは、こちら