熊本 マリ(ピアノ)&岡田 眞澄(お話) オシャレなコンサート         
 Mari Kumamoto & Masumi Okada

 2005 7/3(日)  15時開演(14時30分開場)

  入場料 S席 6,500円(一般)、6,000円(友の会員)
        A席 6,000円(一般) 、5,500円(友の会員)


   ※未就学児童の入場は御遠慮ください。


    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、
        知立セントピアホテル
公演は中止となりました。
プロフィール
熊本 マリ
 東京に生まれる。5歳からピアノに親しみ、10歳で家族と共にスペインへ移り住む。
 ’75年スペイン王立マドリード音楽院でホアキン・ソリアノ氏に師事。スペイン青少年音楽コンクール優勝。’82年に奨学
金を受けてジュリアード音楽院に入学し、サーシャ・ゴロニツキー氏に師事。’85年に英国王立音楽院に入学し、C・エルト
ン氏に師事。プライベートでは、アンジー・エステルハージー氏に師事。英国ニューポート国際音楽祭コンクールに入賞。
故ダイアナ妃より授与される。’86年同音楽院卒業後、最年少でRecital-Diplomaを授与される。同年帰国。
 ’91年スペインの作曲家フェデリコ・モンポウ(1893〜1987)のピアノ曲全集の録音を完成(世界初)。
 ’93年、モンポウの伝記「密やかな音楽」を翻訳。同年、英国王立音楽院よりめざましい演奏活動に功績のあった卒業
生にのみ与えられる資格ARAMを贈られる。’94年プラハでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とジルベスターコンサートで
共演。’96年スペインでのジャパン・ウィークでリサイタルを開く。’98年プラハでリサイタルと、ヨセフ・スーク室内オーケス
トラと共演。
 ’95年より毎年秋に全国ツアーを行っている。2000年4月より、NHK教育テレビ「芸術劇場」の「BSクラシック ピックアッ
プ」の司会を務める。2001年、デビュー15周年を迎え、10月に記念ツアーを行った。
 エッセイ集はショパンより「薔薇よ語って」「音よ輝け」を発売されており、2004年10月に新刊「ラ・ピアニスタ〜太陽の門
から」を発売。
 CDはキングレコードより多数発売されている。その他、テレビ・ラジオへの出演、執筆活動など多才な活躍で幅広いファ
ンを獲得している。2004年10月には新譜「スペインの熱い夜」が発売された。
※熊本マリさんについて詳しくは、こちら
岡田 眞澄
 1935年9月22日、フランス・ニース生まれ。
 1952年、日劇MUSIC・HALLで初舞台を踏み、1953年、東宝ニューフェイス、1954年、日活撮影所入社。「太陽の季節」
「狂った果実」「幕末太陽傳」「嵐を呼ぶ男」等の一世を風靡した映画60本以上に出演。1960年フリーになり、「冬の華」
「将軍 Shogun」「いつかどこかで」等、話題作品に出演。映画出演は110本を超え、常に第一線で舞台、映画、テレビ、
CM、ナレーションに幅広く活躍中。
 最近の舞台は「ミュージカル ラ・カージュ・オ・フォール」「マヌエラ」「リア王」「エリザベス」「リチャード3世」「ハムレット」
「ミュージカル アニー」「ニジンスキー」「キャンディード」「私生活」「椿姫」等。「ミュージカル ラ・カージュ・オ・フォール」
は、初演以来350回の公演に及び絶賛を浴びている。
 テレビにおいては、NHK「英語でしゃべらナイト」「土曜スタジオパーク」・NTV「おもいっきりテレビ」「踊る!さんま御殿」
「サルヂエ」・CX「こたえてちょーだい」「スマップ×スマップ」・テレ朝「たけしの本当はこわい家庭の医学」・TX「アド街ック
天国」等。他に多数のゲスト出演。
 また、2004年10月から「ローズのジレンマ」に出演。2005年6月からミュージカル「The Boy from OZ」に出演。