市制40周年記念 リリオ・クラシックシリーズ2010
新垣 勉 テノールコンサート
  ピアノ:石川 和男

 Tsutomu Aragaki
6/26(土) 14時30分開演(14時開場)

   入場料 《友の会》S席:5,000円、A席:4,500円 《一般》S席:5,500円、A席:5,000円
         学生席
(A席部分):3,000円 特別席(車椅子スペース・親子室):3,000円  全指定席 

   
   
※未就学児童の入場は御遠慮ください。

    主催 知立リリオ・コンサートホール
    後援 知立市、知立市教育委員会、知立市文化協会、中日新聞社、潟Lャッチネットワーク、ホテルクラウンパレス知立
    協賛 ホテルクラウンパレス知立、ヤマハサウンドシステム梶Aパナソニック電工エンジニアリング梶A滑ロ山塗装店、
        潟Gスケイエム、渇ケ楽堂、竃シ古屋ピアノ調律センター、共和建設工業梶A(有)ライフ総合保険事務所、
        潟Gムアイシーグループ、綜合警備保障梶A(有)P&P碧南

     
プログラム
 ビクシオ/マリウ 愛の言葉を
 シューベルト/アヴェ・マリア
 ビクシオ/マンマ
 中田 喜直/夏の思い出
 武満 徹/翼
 中山ゆづる/人愛しくて
   
〜休憩〜
 ダグラス&ワイス/この素晴らしき世界
 マンシーニ/ムーン・リバー
 宮下 博次/うたになりたい
 小椋 佳/愛燦燦
 新井 満/千の風になって
 喜納 昌吉/花 〜すべての人の心に花を〜
 寺島 尚彦/さとうきび畑
アンコール
 黒人霊歌/アメイジング・グレイス
プロフィール
 新垣 勉 (テノール)

 「日本人離れした明るさを持つ声。この声はラテン系のお父さんがくれた宝物」とマリオ・デル・モナコを育てたヴォイストレーナーの世界的大家、アンドレア・バランドーニ氏に絶賛された声は深く澄み渡り、聴く人の魂を揺さぶる。愛と慈しみに満ちた歌声は人々に安らぎと勇気を与え、全国に感動の渦を巻き起こしている。
 1952年沖縄県読谷村にて、沖縄米軍兵の父と日本人の母の間に生まれる。生後まもなく失明。1歳の時両親の離別、父は米国に帰国、その後母方の祖母に育てられるが、中学2年の時祖母が他界、天涯孤独となる。ある牧師との出会いによって人生を生きなおす勇気と希望を得、東京キリスト教短期大学へ進学。その後、西南学院大学神学部を卒業するも、音楽への思いを貫き34歳で武蔵野音楽大学声楽科へ進み同大学卒業。同大学院修了。
 2001年7月に初のCD「さとうきび畑」を発売し、大ヒットを記録。2002年11月発売のCD「出逢い」、2003年12月発売のCD「願い〜愛と平和の歌」もクラシック業界において異例ともいえる好セールスを記録。
 2003年7月サントリーホールにて皇后陛下ご臨席のコンサートを成功させる。
 2004年2月には日本武道館にてアフガン復興支援の為のチャリティーコンサート を開催。2005年7月にはCD「命どぅ宝〜沖縄の心平和への祈り」を発売。THE BOOMの宮沢和史氏の書き下ろし「白百合の花が咲く頃」やモンゴル800のヒット曲「あなたに」を収録。世代やジャンルを超えた様々な作品を取り上げ注目を浴びている。
 そして2005年11月、渋谷オーチャードホールコンサートでも大成功をおさめた。 全盲、天涯孤独の逆境を乗り越え、荒廃する青少年の心に自分を救った音楽の素晴らしさ「オンリーワンの人生を大切に」と呼びかけるコンサートを全国で展開。
  2006年12月発売のアルバム「日本を歌う」では懐かしい日本の童謡・唱歌を収録。
 2009年11月には待望のオリジナル曲「うたになりたい」を含むアルバム「届けた い〜あなたに歌を」を発売。新垣勉がメッセージを託し、詩人:覚和歌子が詩を書き下ろした「うたになりたい」をシングル収録。各地のコンサートで大好評を得ている。


                           新垣さんについて詳しくはこちら

 石川 和男 (ピアノ)

 武蔵野音楽大学を経て2002年、同大学院修了。この間、武蔵野音楽大学卒業演奏会や各地の新人演奏会、研究演奏会等に推薦され出演。2001年には福井直秋記念奨学生に選抜されると共に、学内オーディションに合格、ソリストとして武蔵野音楽大学管弦楽団演奏会に出演。
 2003年、ペトロフピアノコンクール第1位をはじめ、これまで数々のコンクールに入賞。また、2005年1月にはピアノリサイタルを開催し、好評を博す。  現在 武蔵野音楽大学附属音楽教室講師として後進の指導にあたると共に、ソロ・歌曲・合唱伴奏・アンサンブルなどのピアニストとして活躍。特に、1999年より新垣勉氏の伴奏者として、全国各地でのコンサートやテレビ番組に出演。 これまでに 酒井裕子、齋藤久美子、三浦洋一、重松聡、コンスタンティン・ガネフ、ジュリア・ガネヴァの各氏に師事。